*心も体もあたたまる山梨の郷土料理です!
—————————————————————————————————————–
甲府市に来たら、ぜひ食べて欲しい逸品が「ほうとう」です。
ほうとうは、古くは戦国時代に武田信玄公の陣中食であったと伝えられていて、現在でも、山梨県の郷土料理として、県内の多くの家庭で食べられています。
ほうとうは、平たく太い麺をカボチャなどの野菜と味噌仕立てのスープで煮込みます。この麺とスープの相性は抜群で、県外からも多くのリピーターが訪れています。
甲府市内には、中心街を中心としたエリアに、ほうとうを提供する飲食店が多くあり、また、昇仙峡エリアには、「ほうとう作り体験」ができる施設があります。
心も体もあたたまる山梨県の郷土料理「ほうとう」をぜひご堪能ください。
【2018年10月現在】