毎年2月3日は、厄払いをして家族の無病息災を願う「節分」と呼ばれており、甲府では、甲府盆地に春の訪れを告げる祭りとして、古くから「大神(だいじん)さん」と呼ばれ、親しまれている大神宮祭が行われます。
横近習(よこきんじゅ)町大神宮、柳町大神宮では赤鬼・青鬼が市内を回る豆まきも行われ、夕方から夜遅くまで、商売繁盛・家内安全などを願うたくさんの人々でにぎわいます。
沿道にはだるまや熊手などの縁起物をはじめ、切りざんしょう、飴などを売る露店が多く立ち並びます。

日時 2月3日 午後6時~午後8時30分頃まで