荒川ダムは、甲府市内を南北に流れる「荒川」の上流部に位置するダムです。
ここから流れ出る清らかな水は、「平成の名水百選」に選定されている昇仙峡の自然美を引き立てています。また、奥昇仙峡の谷間に建設されたこのダムの周辺には、「御岳昇仙峡水源の森」と名付けられた美しい森林が広がり、水源の森百選にも選定されています。
ダム湖と森林が生み出す美しい景観は必見です。周囲の山々を映すダム湖の景観はすばらしく、夏は深緑、秋は紅葉、と四季折々の美しい景色が楽しめます。
ダム直上流右岸側には「多目的広場」があり、ダム本体からダム奥の荒川大橋まで180°にわたってダムの景観を望むことができます。
広場の駐車場には大型車両2台、小型車両10台が駐車でき、ダム及び周辺を知るための総合案内施設、ダムの景観を眺めるスペースや四阿(あづまや)があり、ゆっくり休憩ができます。