秘境「板敷渓谷」は、奥昇仙峡の谷間に広がる荒川ダムの先にある渓谷で、大小の美しい滝があります。
また、気軽に徒歩で散策できるところも魅力のひとつ。
渓谷の入口から階段を下ると、空気が変わったように渓谷の涼やかな風が吹いてきます。
そして、最初に見えてくるのが、橋の下を流れる10メートルほどの白髪滝です。
さらにそこから川のせせらぎや、木漏れ日など渓谷の景色をあじわいながら15分程歩くと、落差30mの華麗な幻の滝と呼ばれる「大滝」に出会うことができます。
板敷渓谷の近くには県営駐車場があり、車で来ても安心して散策できますので、すぐ近くの野猿谷渓谷にも足を運んでみてはいかがでしょうか。

※遊歩道は歩きやすいように整備されていますが、滑りやすい場所もありますので、スニーカーや登山に適した靴でお出かけください。