奥秩父連峰の名峰「金峰山(きんぷさん)」。
金峰山は、山梨と長野との県境に位置する標高2,599mの壮大な山で、古くから甲州御岳山(こうしゅうみたけやま)ともいわれています。
山頂にそびえ立つ「五丈岩(ごじょういわ)」がシンボルとなっており、その大きさと迫力は、まさに圧巻!!見る者を魅了します。
また山頂では、360度見渡せる大パノラマが広がっていて、富士山・南アルプス・八ヶ岳などが一望できます。ここからの絶景を望めば、疲れた心も体も癒されます。
長い歴史を持つ奥秩父の自然を、肌で体感してみて下さい。
金峰山へは、山梨市側の登山口から、約2時間30分で山頂まで登ることができるため、登山初心者からベテランの方まで、幅広い方々が手軽に登山を楽しむことができます。