LANGUAGE
2019甲府開府500年 甲府×戦国BASARA

2019甲府開府500年 信玄公リターンズ ~序章~

猿飛佐助

観光資源選択

観光資源一覧にもどる

温泉(積翠寺温泉・湯村温泉郷)

次へ

歴史ある温泉地で、悠久の時に思いを馳せる

温泉(積翠寺温泉・湯村温泉郷)

日本全土に湯が湧き出る地は多数あると聞くが、甲斐の府中には古くから評判を呼ぶ癒しの湯が湧いている。信玄公が産湯に浸かったと言われる「積翠寺温泉」と、1200年の歴史を持つ名湯「湯村温泉郷」だ。戦国の世には戦で負った兵の傷を治癒し、現在では物見遊山に訪れた旅人をいたわっているという。

「甲府の奥座敷」と称される積翠寺エリア。甲府駅から車で15分ほどの好立地ながら里山の風情を残すこの地には、古くから豊かな温泉が湧き出ている。この「積翠寺温泉(せきすいじおんせん)」周辺には、今も「坐忘庵」という温泉がある。

戦国時代の史料『高白斎記』によれば、積翠寺がある要害山城跡は武田信玄公生誕の地と記されている。地域名の由来にもなった寺院「積翠寺」には、信玄公の産湯と伝えられる井戸が現存し、その記述を裏付ける。兵たちが温泉に浸かって日々の疲れを癒したとの言い伝えも。当地が「信玄公の隠し湯」と称される由縁だ。高台の旅館で湯に浸かれば、眼下には夕焼けに色づく南アルプスと甲府盆地の夜景を望む。この風景を、当時の侍たちものんびり眺めたのだろう。

また、同じく信玄公の隠し湯と伝わるのが「湯村温泉郷」。約1200年前、真言宗の開祖である弘法大師(空海)によって発見されたといわれる名湯だ。明治・昭和期には太宰治や井伏鱒二、松本清張といった名だたる文豪が執筆のため当地の宿にこもった。その起こりから近代まで、多くの偉人が浸かった由緒ある温泉である。

ゆったりと温泉に浸かり、信玄公や弘法大師が生きた足跡をたどってみるのも、思い出深い旅のハイライトになるはず。

  • 風の如くとはこういうことよ・・・
  • 林の如くとはこういうことよ・・・
  • 火の如くとはこういうことよ・・・
  • 山の如しとはこういうことよ・・・
観光資源一覧にもどる
無料でWi-Fiが利用可能 KOFU SAMURAI Wi-Fiスポット

甲府市内の「KOFU SAMURAI Wi-Fi」ロゴシール掲載施設付近は
無料でご利用いただけます。

利用制限

・60分/回、4回/日

(スポットによっては、回数制限で接続可能)

・5ヶ国語対応

(接続のアナウンス表示)

KOFU SAMURAI Wi-Fi

KOFU SAMURAI Wi-Fiをご利用いただけるスポットはこうふMAPでご覧ください。

「KOFU SAMURAI Wi-Fi」についての詳しい内容は、こちらをご確認ください。

甲府市観光パンフレット(日本語版)電子ブック
甲府市観光情報公式ホームページ
CLOSE
OTHER LANGUAGE
CLOSE